人気ブログランキング | 話題のタグを見る

宇宙狩人 クール星人~ウルトラセブン宇宙人第1号


宇宙狩人 クール星人~ウルトラセブン宇宙人第1号_a0394130_21201466.jpg

宇宙狩人 クール星人

「ウルトラセブン」第1話「姿なき挑戦者」に登場した知略宇宙人。

  • 身長:2メートル
  • 体重:75キロ
  • 出身地:クール星

  • 地球人を「昆虫」呼ばわりし、地球侵略のために彼らを「標本」として円盤から発射される蒸発光線を発射し、円盤内に拉致していました。
    頭脳は発達しているものの戦闘能力はほとんどなく、保護色で透明化したクール円盤の中からは決して出てきませんでした、
    尻尾からは神経を麻痺させるクールガスを発射する能力があったようです。
    宇宙狩人 クール星人~ウルトラセブン宇宙人第1号_a0394130_21274333.jpg
    宇宙狩人 クール星人~ウルトラセブン宇宙人第1号_a0394130_21283058.jpg

    大きな双眼を持つ蜘蛛のような姿で円盤内を浮遊しており、後にウルトラ警備隊を通して人類に降伏を要求していました。
    モロボシ・ダンの発案した特殊噴霧装置で円盤を赤色に着色され、保護色が効かなくなってウルトラホーク1号やカプセル怪獣ウィンダムと交戦後、円盤内に入ったウルトラセブンにアイ・スラッガーで頭部を切断されて倒され、拉致されていた人々も救出されました。

    初代ウルトラマンが怪獣ならウルトラセブンは宇宙人で、と持ったかどうかわかりませんが、初代ウルトラマンとウルトラセブンの間に放映されたキャプテンウルトラの影響があったのかもしれません。
    戦闘は肉弾戦というより知略で攻めていた感じがあり、戦闘能力がほぼなかったのがクール星人の面白みでした。
    ウルトラセブンと交戦せず、カプセル怪獣ウィンダムとの交戦も円盤が主役でした。
    出てきそうで出てこず、円盤に閉じこもったままの状態には、何故かワクワクドキドキ感があり、そういう意味でもクール感を強くした宇宙人でした。





  • by mon1011si | 2019-12-24 21:37 | 宇宙人 | Comments(0)

    懐かしの昭和のウルトラ・ライダーをメインに取りあげていきます。


    by monrider
    カレンダー
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31