人気ブログランキング | 話題のタグを見る

宇宙忍者 バルタン星人(初代)~初代ウルトラマン怪獣第2号

宇宙忍者 バルタン星人(初代)~初代ウルトラマン怪獣第2号_a0394130_22050164.jpg
宇宙忍者 バルタン星人(初代)

「ウルトラマン」第2話「侵略者を撃て」に登場した故郷のバルタン星を狂った科学者が行った核実験により失い、たまたま宇宙旅行中だったことから難を逃れた20億3千万人の仲間と共に、宇宙船で放浪していた異星人でした。

武器は両手のハサミから出す、赤色凍結光線]と青色破壊光弾。
足の内部には、物体を腐らせる液体が入った袋があるらしく、また、防御能力として数多の分身を作ることが可能でした。
地球人に乗り移り、その脳髄を借りて会話するという超能力も持っていました。
宇宙忍者 バルタン星人(初代)~初代ウルトラマン怪獣第2号_a0394130_22103207.jpg
宇宙忍者 バルタン星人(初代)~初代ウルトラマン怪獣第2号_a0394130_22112144.jpg
宇宙忍者 バルタン星人(初代)~初代ウルトラマン怪獣第2号_a0394130_22115525.jpg
火星」にある架空の物質「スペシウム」を弱点としていました。
宇宙船内部ではほとんどの乗員が地球のバクテリアサイズで眠っており、化学特捜隊と接触することになる1名のみが、人間大のサイズで活動していました。
地球には宇宙船の修理と欠乏した予備パーツの調達のために偶然立ち寄っただけでしたが、自分たちの居住できる環境と判明したため、移住を強行しようとしていました。

防衛軍の核ミサイル「はげたか」により倒れるも、すぐにセミが脱皮するかのように起き上がり、復活した姿はまさしく怪奇な宇宙人でした。
その後、コンビナートを破壊しながら初代ウルトラマンと空中戦を繰り広げ、左のハサミをへし折られるながらも、右のハサミから破壊光弾を発射して反撃しますが、最後はスペシウムが含まれたスペシウム光線を浴び、炎上して墜落しました。

他のミクロ化したバルタン星人の乗っていた母船は、上空に潜んでいたところを初代ウルトラマンに発見され、宇宙まで運び出された後にスペシウム光線で爆破されました。
これにより約20億人以上のバルタン星人が死亡しましたが、これで彼らが全滅したわけではなく、わずかな生き残りが復讐と地球侵略への執念を抱き続けることとなりました。

宇宙忍者 バルタン星人(初代)~初代ウルトラマン怪獣第2号_a0394130_22174414.jpg
宇宙忍者 バルタン星人(初代)~初代ウルトラマン怪獣第2号_a0394130_22182641.jpg
宇宙忍者 バルタン星人(初代)~初代ウルトラマン怪獣第2号_a0394130_22191027.jpg
大した名作・傑作宇宙人でした。
あるべき論じゃないですけど、侵略宇宙人とはこうあるべきという物語と設定でした。
ウルトラQに登場したセミ人間が大幅に強化演出されたもののようでありながら、そこには違和感が全くありませんでした。

演出もよく、多種に渡るバルタン星人の超応力は底知れぬ怖さがあり、執念も感じられました。
後に続いていくウルトラシリーズの中でも、存在感も存在意義も群を抜いており、ウルトラシリーズが平成になっても続く中で時代を感じさせる傑作宇宙人として登場するとは、この時夢にもおもいませんでした。












by mon1011si | 2020-01-22 22:25 | 宇宙人 | Comments(0)

懐かしの昭和のウルトラ・ライダーをメインに取りあげていきます。


by monrider
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31